相談相手の話。

ブログ

先の投稿で、ファイナンシャル・プランナーが家計改善のお手伝いをさせていただきます、といった趣旨の話を書かせていただきましたが・・・・

多くの人はお金の話を、飲み会の席や喫茶店などで、知り合いから得た情報を元に解決しようとしているのではないでしょうか?

今、とある喫茶店でこのブログを執筆しているのですが、まさに私の後ろでそういう話をしている人達がいます(笑)

そういう情報というのは・・・そもそもの元ネタが週刊誌とか断片的なものだったり、ソレがさらに伝言ゲーム状態になったりして、正しい知識をベースにしているかどうか怪しいですし、「他の人がそうしているから」といゆ理由で自分もそれに倣う・・・でいいのでしょうか?

ちょっとした安心感は得られるかもしれませんが・・・自分の人生というのは結局のところ、自分が本当に何をしたいのかを考え、それを実現することでしか満たされないのではないでしょうか?

また、ファイナンシャル・プランナーに相談することの意味というのは、お金に関する知識を得てアドバイスを受けることだけではないと思うのです。

ファイナンシャル・プランナーに真剣に話を聞いてもらうことに真の価値があると思います。

 

真剣に話を聞いてくれる人・・・が身近にいれば、それは幸せなことだと思うのですが、、、利害が絡む人:近親の方や友達や職場の人に相談する場合、身近であるが故に言えないことがあるでしょうし、相談された側も「相談してアドバイスした結果裏目に出て、人間関係が壊れたらどうしよう」と思うのではないでしょうか?

そもそも、おカネのことに関して言えば、その相談相手の人がお金に関する正しい知識を備えているとは限りませんし。

また、同じような環境にいる人というのは、同じような思考に陥りがちなのではないでしょうか?

 

実は私は、有償の相談サービスを使ったことがあります。

仕事を失い、転職活動をしていた頃ですが・・・

何気なく図書館で「求人を出していない会社に自分を売り込む方法」といったタイトルの本があり、その内容にほれ込んで、その著者が経営している転職支援サービスに申し込んだのです。

8万円で就職が決まるまで何度でも相談出来るというもので、安い金額ではないです。

しかし、その人は毎回毎回(10回以上相談しました)私の目を真っすぐに見て、私が今まで何をやってきたのか、何をしたいのか、どうなりたいのかを真剣に聞いてくれました。

そして、自分よりもむしろ他人の価値観で生きてきたこと・・・誰しもそういう部分はあるし、ある程度は仕方が無いと思うのですが、それに無自覚だったことに気がつきました。

 

就職先の探し方とか、面接のテクニックとか、そういう部分も確かに役に立ったのですが、本当に意味があったのは、自分が今まで見えてなかった部分に光が当てられたことでした。

人間誰しも狭い社会の中で生きていて、考え方やものの見方というのはどうしても固まりがちですが、、、本を読んだり人の話を聞いたり旅に出たりすることで広い世界を垣間見ることが出来ますし、自分の立っている場所がわかれば、そうやって得た知見が更に意味のある奥深いものになり面白くなります。

そして、日々抱えている不安や悩みに前向きに対処出来るようになります。

 

もっと若い頃にこういうサービスに出会えていたらなあ・・・と思いました。ただ、転職活動というのは一生のうちに何度もするものではないし(全くしない人もいる)、対象となる人は多くはありません。

現にその方も、経営的には上手く行っていたとは言えず(まあご本人があまり積極的に儲けようというマインドが無かったみたいですし)、今ではかなり規模を縮小しておられるようです。

しかし、お金の話というのはほとんど全ての人が大なり小なり持っており、全てに人が対象と言っていいと思います。

そして、ちゃんとした相談をすることで、人生は自分の望む方向に進めます。

 

今ではあまり一般的とは言えないFPというお仕事ですが、いつか必ず世の中に必要とされる時代が来ると信じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅ローン特化型ファイナンシャル・プランナー 一生のお買い物、住宅購入

タイトルとURLをコピーしました