がん患者さん専門家計相談FPの話。

ブログ

この週末は東京に行って研修を受けてきました!

場所は神田まつりで賑わう神田駅近く。会場のビルのオーナーさんも法被姿でした(^_^;)

研修の講師は・・・元看護師という異色の経歴を持つ、黒田ちはるFP。

がん患者さん専門の家計相談事務所を営んでおられるとの事でした。

実はこういう方は他にもいらっしゃいます。元消防士であったり、元警察官のFPという人。

病気や火事や事件に対処しても、、、患者さんや被害者の方のお金の問題を解決するという人がいない、

なら自分がやる! ということでした。

がん患者さんの場合は、、、

一見すると普通の人と変わらない。そして、治療が5年や10年続く場合もあり、治療費がかかる上に収入も

減るという現実があります。

社会保障制度はあるけど、、、高額療養費制度や障害年金や雇用保険は、所轄している役所がバラバラなので、全体像がわかりづらい。

住宅ローンを抱えている場合、返済が困難になる場合もありますが、、、、金融機関や担当者で対応が違う。

そして、、、米国での研究なのですが・・・

金銭的要素:患者さんの貯金金額と、治療実績の間には、相関関係があるということです。

お金の悩みがメンタルを圧迫し、それががんを更に悪化させる、、、

そうした状況を少しでも良くするために、病院などでがん患者さんのライフプラン作成のお手伝いをされているとのことでした。

2人に1人ががんになる時代。

自分も何か出来ることはないか?と思いました。

住宅ローン特化型ファイナンシャル・プランナー 一生のお買い物、住宅購入

タイトルとURLをコピーしました