, overlays: {bottom: true}

月100円で安心を買う話。

「個人賠償責任補償特約」に加入

年に一度の自動車保険の更新の手続きを行ったのですが・・・
新たに「個人賠償責任補償特約」に加入しました!

この補償の内容ですが・・・
約款の文章をそのまま転記します。

「日本国内において次のいずれかの事故により、他人の身体の障害または他人の財物の損壊について、
被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被った損害に対して
、この特約および普通保険約款の規定に従い、保険金を支払います。

①住宅の所有、使用または管理に起因する偶然な事故
②被保険者の日常生活に起因する偶然な事故      」

具体的には、、、

・自転車に乗っていて他人をケガさせてしまった
・ペットが通行人を噛んでケガをさせてしまった
・洗濯機がから水が漏れてマンションの下の階の住人の家財を故障させてしまった

などのケースに対してお金が支払われるというものです。

月100円で最大3億円の補償

この保険ですが、、、保険料が非常に安いので、単独では加入できません。

私のように自動車保険に特約として付加したり、

家の火災保険や傷害保険などに付加します。

私の場合、今までの保険にプラスして年1,270円≒月100円で付加しました。
保険金額の上限は3億円です!

家族のうち誰かが入っていれば適用されます!

この保険の対象になるのは、、、
これも約款の文言をそのまま転記しますが

①本人
②本人の配偶者
③本人またはその配偶者の同居の親族
④本人またはその配偶者の別居の未婚の子
⑤本人が未成年者または責任無能力者である場合は、本人の親権者、その他の法定の監督義務者および監督義務者に代わって本人を監督する者(ただし、本人に関する事故に限ります)

ですから、家族のうち誰か一人がこの特約に加入していれば、家族全員が対象になります!

今回私がこの特約に入ったのも、家人が別の保険でこの「個人賠償責任補償特約」に加入にしていたのですが、その保険そのものを解約したので、家族が誰もこの特約に入っていない状態になったので、自分の自動車保険に付けた次第です。

対象にならない事故もあるので注意

例えば

・被保険者の職務遂行に直接起因する損害賠償責任
→ 対象になるのはあくまでも日常生活における事故です、住宅の所有などに起因する事故です。

・被保険者と同居する親族に対する損害賠償責任

・自動車の事故による損害賠償責任
→自動車保険で補償する範囲です

・自分の家から出火し、延焼して隣の家が全焼してしまった
→火災保険で補償する範囲です。

など、対象にならない事故もありますのでご注意ください。

とは言え、安い保険料で万が一の補償を得られるので、一家に1件はこの保険(特約)をつけておくべきですね!

 

タイトルとURLをコピーしました