, overlays: {bottom: true}

新年のご挨拶/旅行のお金の話。

ブログ

皆さま、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

令和2年、2020年を迎えましたが、、、

これからは、お金を如何にたくさん稼ぐか・・・以上に「お金との付き合い方」が人生を左右する時代になると思います。

「福井のファイナンシャル・プランナー」は、そんな時代により良い人生を送るための仕掛けを今年はいっぱい出していきます!よろしくお願いします。

==

さて、この年末年始は、JR全線の普通列車が合計5日間乗り放題になる「青春18きっぷ」を使って関東に旅してました!

初日は名古屋、2日目3日目は鎌倉のゲストハウスに連泊(ここで年越し)、

4日目5日目は東京・日暮里のゲストハウス連泊、6日目は浜松と、

6泊7日でした!

例によって旅の支出の総括です!(怖いけど、コレをやることで旅の前後の支出についてより深く考えるようになります)

 

1.交通費

■青春18きっぷ(1、2、4、6、7日目に使用) 

12,050円

■福井市内 市バス往復              

600円

■関東内での移動(3、5日目)           

1,790円

<交通費小計>14,440円

 

2.宿泊費

■初日 ホテルトラスティ名古屋白川       

3,431円

■2-3日 鎌倉ゲストハウス(連泊)       

7,600円

■4-5日 ゲストハウスわさび(連泊)      

7,678円

■6日  アパホテル浜町駅南(朝食込)      

5,000円

<宿泊費小計>23,709円

「青春18きっぷ」は、この40年近くほぼ値上がりしていませんし、宿は3か月前に格安宿泊サイトで予約していました。

コストカットの余地があるとすればここから先・・・飲み食いの費用です。「1日5000円以内」を目安にしていました。。。もちろん旅行中はそんなことは考えません(^_^;)

3-2.飲食費(飲食店での飲み食い):手羽先、蘭州牛肉麺、さわやかハンバーグなど

■クレジットカード              

6,573円

■paypay                   

4,756円

■現金                    

15,610円

<飲食店での飲食小計>26,939円

旅先で休日にATM使うと手数料高くなるので、なるべくキャッシュレス決済になるようにしましたが、、、飲み会に3回ほど参加、その分は当然現金になります。

3-2. 飲食費(コンビニ・スーパーでの買い物)

■クレジットカード               

3,164円

■paypay                                                                     

4,553円

■現金                     

1,964円

<買物での飲食小計>9,681円

なるべく宿でスーパーで買った食材を買ってきて飲み食いすることを心がけてましたが、こちらはそれほどでもないですね、、

ビジネスホテルでテレビ見ながらのひとり飲み、なかなか悪くないですよ(^^)

4、その他   

USBケーブル購入(破損のため) 110円

浜名湖水族館「ウォット」入場料 320円

<その他小計>430円

 

そして総額は・・・75,199円でした!

1と2・・交通費と宿泊費を差し引くと、37,050円。1日あたり5,293円・・・・想定より少しオーバーしました(^_^;)まあ、キャンプが出来る春夏秋の旅に比べると、どうしても高くなりますね・・・

こうやって、お金を意識しながら旅することは、使い過ぎの抑制のためというのもありますが、、、私も今年で50、年々飲み過ぎ食い過ぎが身体に影響してるな~というのがわかりますので、暴飲暴食を戒めるという効果もあります(^_^;)

今年は、、、ビジネスでの飛躍だけでなく、身体を労わるというのも目標にしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました