, overlays: {bottom: true}

マリオットとはどんなホテルなのか?

今日はちょっとお金の話とは違うのですが・・・

今朝の福井新聞の一面(と経済面と社会面)に、米国のホテルチェーン「マリオット」が進出,

2023年の開業を目指しているということで、そのことについて書いてみようと思います

日本のマリオットで有名なところと言えば、、、JR名古屋駅の真上にそびえる

「名古屋マリオットアソシアホテル」を思い浮かべる方も少なくないと思います。

 

で、このマリオットというホテルグループですが、、、

「マリオット」だけでなく、

「ザ・リッツ・カールトン」

「セントレジス」

「シェラトン」

「ウェスティン」

など、30のブランドを有しています。

そして、「Marriott Bonvoy」というプログラムに加入すると、これらのホテルに泊まった人はポイントが付与されて、様々な特典を手にすることが出来ます。

ですから、今度福井に出来る「コートヤード・バイ・マリオット福井」には、世界中の「Marriott Bonvoy」の会員が予約を入れる・・・ことになるのですね。

 

ところで、、、「マリオット・インターナショナル」の傘下のホテルでも、「マリオット」の名前がつくのは

■「JWマリオット」:

マリオットの名を冠したホテルでは最上級の「ラグジュアリー」にランクされ、今年の4月に日本初となる「JWマリオット・ホテル奈良」が開業する予定だそうです。

 

■「マリオット・ホテル」:

「ラグジュアリー」に次ぐ「プレミアム」で、

東京マリオットホテル、前述の名古屋マリオットアソシアホテル、大阪マリオット都ホテルといった都市型ホテルの他に、

軽井沢、伊豆修善寺、山中湖、沖縄、南紀白浜、琵琶湖といったリゾート型のホテルがあります。

■「マリオット・エグゼクティブ・アパートメント」

長期滞在に特化したホテルです。日本にはまだないようです。

■「コートヤード・バイ・マリオット」

今回福井にやってくるのはこのブランドとなります。

現在全国に5か所あります。

「コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション」

「コートヤード・バイ・マリオット銀座東武ホテル」

「コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション」

「コートヤード・バイ・マリオット大阪本町」

「コートヤード・バイ・マリオット白馬」

こちらも大都市圏か観光地となりますので、「マリオット」の名前がついたホテルが地方都市にやってくるのは、今回が初めてということになるのではないでしょうか?

さて、、、気になるお値段ですが、、、

「コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーションの2月の宿泊料金(1ルーム/1大人)をマリオットインターナショナルのサイトで見てみましたら・・・

最安値が 13,538円(2/7)

最高値が 20,321円(2/22)

でした!

因みに「コートヤード・バイ・マリオット」は「ユアーズホテルフクイ」の場所に建つ予定ですが、同ホテルの2/22のシングルルーム料金は8,700円~となってました。

大阪と福井の違いはありますし、ユアーズホテルフクイはクローズ間近という点を考慮しないといけないのでしょうが、、、

今までの福井のホテルよりも、ひとクラス上のホテルが来るという感じがしますね。。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました