, overlays: {bottom: true}

体重計を買い替えた話。

ブログ

Elecomの体組成計

前回の投稿で、Elecom製の体組成計が気に入ったのでルーターもElecomので決めたという話を書きましたが、今回は体組成計のことについてちょっと書きます。

Elecomと言えばルーターとか通信機器のメーカーというイメージがありますが、気が付いたらこういうものも作ってたのですね。

何故買い替えたかというと、、、今まで使ってた体重計の液晶の表示がかなり薄くなり、電池を替えても治らず、考えてみれば買ってからもう10年経つのでもう寿命だと思い買い替えたのです。

いろんな数値がわかる体組成計

今まで使ってた体重計(ノーブランド品)でも体重と体脂肪率はわかるのですが、、

今回購入した体組成計だと

・体重

・内臓脂肪レベル

・体脂肪率

・骨格筋率

・骨量

・基礎代謝

と6項目わかります。

メガドンキで買ったのですが、、、ただ体重測るだけだと1,000円しない製品もありましたが、メタボな自分にとってはコレは必要な投資だと思い、値段は3倍ほどするけどこの製品にしました。

毎日2回体重を測るようになった

今までだと体重と体脂肪率しか出なくて、どちらも悪い値(笑)なので、体重計に乗るのをためらうところがあり、せいぜい週に数回でしたが、、、

今回は、少し高めの機種を買ったのだから元を取らないと、と思うところもあり、毎日朝晩の二回測ってます。

多くの項目で「太りすぎ」という結果になるのですが、、、骨格筋率はギリギリ正常の範囲内だし、内臓脂肪レベルも夜測るとたまに正常の範囲内になります。

自分の全部を否定されるとイヤな気分にしかなりませんが、、、5つある項目の中の1つか2つだけでもいい結果が出ると、この結果をキープしなければと思いますし、ひょっとしたらがんばれば他の項目も良くなるのかも?という希望が湧きます。

物事を測る尺度というのは、多めにあったほうがいいですね。

「家計相談」にも同じことが言えるのでは?

さて、話をいささか強引にFP;ファイナンシャル・プランニングに展開しますが(^_^;)

ファイナンシャル・プランニングの基礎の基礎になるのが、一家の家計の状況を把握したうえで改善策を話し合っていく「家計相談」なのですが、、、

私が今までお会いしてきた家計相談の相談者の方というのは、

①自分のやりたいこと、人生の目標がはっきりしている

②自分の家計の状況を把握できている

③既に適切な対策が出来ている

という方が結構いらっしゃいます。自分である程度考えてるけど、それが客観的に正しいかどうかを検証するために第三者の意見を聞く、、、という感じです。

逆に言うと、上記①②③が出来ていないと他の人に相談するのが憚られる、というのはあるのではないかと思います。

私はマラソンをしていて、以前ランニングフォームの研修会に出たことがあるのですが、参加者の方はそんなに変なフォームの方はいませんでした。どの分野でも同じようなものかもしれません。

今の状況を改善したいときに、必要なのは信頼できる人に相談することなのですが、、、そのためには現在の状況を把握する必要があります。しかしこれが中々難しい。

そのためには、測定することが楽しくなるような仕掛けが必要だと思いますし、いろいろな尺度で測定するというのは大事だと思います。

また、FPとして相談を受けた時にいつも思うことなのですが、、、相手の問題点というか悪い所を見つける・・だけではなく、良いところを見つけて肯定して継続できるようなアドバイスを心掛けています。

タイトルとURLをコピーしました