, overlays: {bottom: true}

高血圧を改善した話。

ブログ
DSC_0865.JPG

マラドーナ氏、急性心不全で死去。

1986年のメキシコ・ワールドカップでアルゼンチンを優勝に導いたディエゴ・マラドーナ氏が亡くなりました。享年60歳。
私が高校生の頃、日本にとってワールドカップは夢のまた夢というか遥か遠くの世界の出来事という時代でしたが、それでもマラドーナ氏の活躍はテレビで大々的に報じられました。こんなに早くこの世を去るとは。。

死因は急性心不全ということです。かつてアスリートだった人でもなる病気なのですね。生活が乱れていたそうですが。。

しかし自分もあと10年するとマラドーナ氏と同じ歳になります。他人事ではありません。
というか、最近まで高血圧で悩んでました。

今まで血圧が高かったことはなかったのですが、最近上が150を超えることが多くなったのです。。

血圧測定器を購入

飲酒の量を減らすとか、塩分濃度の高そうな食事を避けるとか、青汁を飲んでみるとか、ジョギングの頻度を増やすとか、色々試したのですがあまり効果がありません。

先日、体組成計を買った話を書きましたが、

体重計を買い替えた話。
Elecomの体組成計前回の投稿で、Elecom製の体組成計が気に入ったのでルーターもElecomので決めたという話を書きましたが、今回は体組成計のことについてちょっと書きます。Elecomと言えばルーターとか通信機器のメ...

こんどは血圧測定器を買ってみることにしました。

通販で探しましたが、、、血圧測定器には上腕に巻くものと手首に巻くものがあるらしく、どうも前者のほうが精度が高いようです。(検診で測る時はいつも上腕に巻きますし)
しかし5,000円くらいするのでどうしようかなーーと思ったら、メガドンキで3,000円で売ってたので買いました。探してみるものです。

DSC_0865.JPG

まずいですよね・・

頻繁に測ることで意識が高まる

スポーツジム行ったりした時に測ったりしてたのですが、、、測った時はまずいと思いながらも、他の事を考えたりしているうちに危機感は薄れていくものです。

しかし、いつでも測れるので一日三回とか測っているうちに、何が原因なんだろう、と四六時中考えるようになりました。

最近というかこの半年くらい血圧が高くなるようになってて、加齢のせいかと思ったのですが、、

あることに気がつきました。
コロナで外に出れなくなったあたりから、コーヒーを頻繁に飲むようになって、一々淹れるのがめんどくさくなってインスタントコーヒーを飲むようになったのですが、、
スプーンで測らずに、瓶から直接カップに粉末を入れて、かなり濃いコーヒーを一日何度も飲んでいたことに気がつきました。適量のコーヒーは身体にいいと言われていますが、何事も過剰摂取というのは良くないものです。あくまでも推測なので、これが原因かどうかは何とも言えませんが・・

ドリップコーヒーを一日2杯まで、それ以上何かを飲みたくなったらお茶にする、という具合に飲み方を変えました。

昨日、市の健康診断に行ったのですが、上が128、下が78でした。フツーな数字です。
まだ油断は出来ませんが、、、心なしか体調も良くなったように思います。

異常は数値化することで解決に向かう

今までは「血圧が高い、大変だ」でしたが、毎回毎回測定することでいろいろやった対策(減酒減塩、青汁、ジョギングなど)の効果がわかってきます。

因果関係が無いとわかったら、他に原因が無いか考えてみる。それを繰り返しているうちに、有力な原因が見つかるものです。

そうやって色々考えてるうちに、そういえば昨年よりコーヒー飲む量が激増していることに気が付いたのです。(※今でも昨年並みに飲んではいるので、コーヒーが悪いわけではなく、飲み過ぎることが良くないのではないかと思います)

人生におけるお金の問題もそうだと思います。

「将来はお金が足りなくなるかもしれない」だと不安を感じるだけですが、
「〇歳の時点で〇〇万円不足する」という具体的な数値が見えていたら、具体的な対策が立てられます。

企業経営の世界では常識な考え方です。
だから、コンサルティング会社というのは、会計事務所が母体という所が多いのです。

タイトルとURLをコピーしました